オシャレの大敵!お肌の黒ずみを解消する方法とは

   

肌の黒ずみ対策
肌の黒ずみが気になって着たい洋服が着られない、半袖やノースリーブだと腕を上げる仕草に抵抗を感じるといった悩みを持っている女性は多いと思います。

不潔なイメージの肌の黒ずみは、次のような原因が考えられます。

1.メラニン色素の沈着

肌の基底層を構成するメラノサイトの活性に伴って作り出されるメラニン色素が、皮膚の細胞に沈着することで肌の黒ずみが起こります。

この原因となるメラノサイトは、紫外線を浴びる事でも活性化しますが、他にも普段からの衣服との摩擦や脇のケアによる刺激によっても影響を受けます。

例えば、除毛の際のカミソリの刃による刺激、入浴時にスクラブ入りのボディ洗剤を使用することによる刺激、また、必要以上に力を入れて体を洗うなどといった行為でも肌に悪影響を与えます。

2.理没毛

毛抜きでムダ毛を抜く時に途中でちぎれてしまう事があります。この、ちぎれた毛が変な方向に成長してしまい、皮膚の中で伸びてしまうのです。

また、カミソリで除毛する際に毛穴付近に傷がつき、その部分がカサブタとなり、毛穴が塞がってしまうことで、毛が皮膚の中に閉じ込められてしまいます。

このような状況で、皮膚の中で成長したムダ毛が黒ずみとなるのです。

3.皮脂や角栓、汚れ

脇のニオイ対策として使われる制汗剤には、刺激物となる肌に良くない成分を含んだものもあります。それに加えて、制汗剤が毛穴を塞いでしまうため、皮脂や汗の汚れが角栓となって脇に残り、黒ずみになるのです。

また、皮膚の表面の古い角質は新陳代謝によって常に剥がれ落ち、一般的には一か月で新しいものに入れ替わると言われています。しかし、加齢や生活習慣の乱れによって皮膚の生まれ変わりのサイクルが遅くなり、古い角質が皮膚に居座ってしまうことで黒ずみとなります。

このような原因で作られる黒ずみを解消するためには、具体的に次の三つの方法が考えられます。

1.美白クリームを使う

メラニン色素の沈着が原因の場合には、美白クリームを使うことが有効です。厚生労働省が認めている美白有効成分が入っている美白クリームを使う事で、黒ずみの解消に期待が持てます。

おすすめのクリームはコチラ→https://kubiibobuster.net/kurozumi/

2.脱毛サロンや美容皮膚科で半永久的な脱毛を行う

埋没毛を防ぐためにも、自分で脱毛をするのではなく、専門の機関で処理をしてもらうことが効率的です。

3.ピーリングを行う

酸などの成分を皮膚表面に浸透させて、古くなった角質や皮脂の汚れをとることによって、肌の新陳代謝を正常な状態に戻すことができます。

このピーリングは自宅でできるものと、美容系の皮膚科などで行うものがあります。自宅で市販のピーリング剤を使用する場合には、自分に合っていないものを使うと、肌荒れの原因になるので注意が必要です。

皮膚科などで行う場合は、医師によって肌の状態を診断したうえで行われるため、より高い効果が得られますし、肌トラブルの心配も少なくてすみます。

以上のように肌の黒ずみは、私たちが日常生活の中で、何気なく行っている行為によって引き起こされるものが多い事が分かります。

これらを踏まえて、自分に合った改善方法で、黒ずみの悩みを解消していきたいものですね。

 - 気になる黒ずみ